福岡発!ANA SFC修行2017

福岡空港を拠点にANAのSFC取得を目指す社会人の修行記録

MENU

[海外編]SFC修行 2回目 福岡-シンガポール(その3 滞在前編)

二日目出発

翌日になりました。7時起床の予定が少し眠くて7時半になりました。
シャワーを浴びたり着替えたりしながら今日の予定を考えました。このノープランっぷりw
ネットかなにかでバスでマレーシアのジョホールバル(JB)に行けるというのを思いだして、興味を持ちました。
マレーシアとシンガポールは海峡で分かれているので正確には「陸路」ではないのでしょうが、バスで国境を超えるという日本ではできないことをやってみようと思いました。
ルートはいくつかあるみたいなのですが、私が挑戦したのは地下鉄EW線ブギス駅から歩いて数分にあるバスセンターからバスでJBに向かうルートです。ここからJB行きのなんとかエクスプレスバスという名称のバスが多数出ているとのことです。




場所は
f:id:yoo_sfc:20170114215723p:plain
(グーグルマップを一部加工)

ちょうど交差点の地下にブギス駅があります。グーグルマップでは道なりになっていますが、私が書いた赤線のように斜めに突っ切れます。(途中は芝生広場や駐車場なので)

どなたかのブログで見たのですが、進行方向にはど派手な団地が見えてきます。
f:id:yoo_sfc:20170114221807j:plain

で少し歩くとオーストン?という建物が見えたらもうすぐです。このオーストンの数軒となりがバスセンターです。
f:id:yoo_sfc:20170114221918j:plain
芝生を突っ切って矢印の方向へ行きましょう。

JB行きバスセンター

で、タクシー乗り場と併設してバスセンターがあります。(ちっちゃい)
チケット売り場のおじさんに聞くと3S$ちょっとでした。安いなと思ったらおじさんが並んでくれと言うんですね。
ここはチケットを買ってから並ぶんじゃなくて、並んでからバスに乗る直前にチケットを買うようです。恥ずかしい><
ちなみにトイレもありますw

列に並ぼうとするとふた列あるわけです。??JB行きじゃないの?と思いつつ片方に並びます。少し不安です。地面に赤ラインと黄ラインが引いてあります。
ひょっとして行き先が違う?と心配になって並んでいる間にネットで調べます。

結論から言うとどちらもJB行きのバスで、会社の違いみたいです。私が並んだ赤ラインがJSE(ジョホールバルシンガポールエクスプレス)、もうひとつは覚えてません。
f:id:yoo_sfc:20170114222918j:plain

大博打の始まりじゃー!!

情報では人が集まるとバスが次々にきてあまり待たずに出発できるとあったのですが、15分ほど待っても来ません。時間は10時くらい、天気は晴れ。日差しも強くなってきました。
汗ばみながら待っていると、黄色のバスが来ました。(しもた)心の中で呟きました。まぁじきに赤ラインも来るだろうと待ちました。

5分後・・・黄色バスがまた来ました。(まさか!)また心の叫びです。黄色ラインの人は進んでいきます。赤ラインの人々は羨望のまなざしで黄色組を見送ります。
ここで考えました。1、このまま赤ラインに並んで待つ 2、黄色ラインに並びなおす 3、この列から離れる(JB行きを諦める)
※赤いバスは駐車場に待機していました。ただ運転手がいなさそうに見えたので、なんとなくトラブってるのかなと思い、早目の決断を考えました。

時間としては10時過ぎなので少し待ってもなんとか行けたでしょう。しかし国境付近はけっこう渋滞するという情報があり、片道2時間?かかれば往復4時間で結構カツカツになるんじゃないかと。
また日差しが強くなり待ってる間に熱中症になるかもと不安がよぎります。
日本一の臆病者といわれた私です。ここは涙をこらえて退却しました。また次回にしようと。

厳密に言えばバスの列を離れた後、タクシー乗り場に行きタクシーの運ちゃんにJBに行けるか?と聞いたら行けないといわれた。(??確かここのタクシーはJBに行けるはずなのだが・・・)
しかもとなりのバスを使わないの?みたいに言われて話が通じなくなってあきらめましたw
ここで私はこの出来事を「ジョホールバルの悲劇」と名付けました。(バスにすら乗れてないけどw)
そしてとりあえずブギスを離れて他のところに行こうと駅に向けて歩きだしました。

提案:シンガポールからJB(ジョホールバル)にバスで向かう場合は時間に余裕を持って行動しましょう。

その4に続く


よかったらぽちっと押してください






福岡発シンガポール行き 

広告を非表示にする

気に入ったらぽちっとお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
共感できたらぽちっと押してください