福岡発!ANA SFC修行2017

福岡空港を拠点に行ったSFC修行記録と旅日記

MENU

2019年年越しカウントダウンイベントで台北101の花火を見てきた

みなさん、こんばんは。2019年になって2月も終わろうかというこの頃、今年初記事です。
今年もよろしくお願いします。

さて、私は2018年大晦日から2019年元日にかけて台湾に行ってきました。
目的は台北101のカウントダウン花火を見るためです。
今回はその時の様子をご紹介します。

1.前書き

台北に行こうと思ったのは運良く31日‐1日のANAーバニラ特典減額マイルキャンペーンに空きがあったためです。ただ、宿のほうが高い!
ドミトリーで1万円超え!それでも空いてればいいほうで、ほとんど予約でいっぱい(台中あたりまで)だったようで、あきらめようとしていたところ、サンルートホテル公式サイトで同じくらいの価格で空きを見つけてすぐ予約しました。
台湾でカウントダウンを見ようと考えている方は宿を早めに抑えたほうがいいですね。
サンルートさんありがとう!

2.日中はレンタサイクルを使ってサニーヒルズでお買い物

1.YouBike(ユーバイク)をレンタルしてみた

前回の台湾オフの際、サニーヒル
サニーヒルズ|微熱山丘 SunnyHills
というおいしいパイナップルケーキを教えていただいたのですが、いたく気に入り今度は一人で初めて本店に買いに行きました。
ただこのサニーヒルズの本店が若干行きにくくて、最寄駅から遠くて電車では行きにくい;
前回はバスで行ったのですが、今回は電車+レンタルサイクル(YouBike)でサイクリングがてら行ってみることにしました。

YouBikeWelcome to YouBike 微笑單車とは台湾の登録制レンタルサイクルサービスのことです。
台湾で使える携帯電話(番号)をもっていると悠遊カードで支払いができます。
携帯電話を持っていない人はクレジットカードで支払うことができます。
私は今回クレジットカードを使用して利用してみました。
YouBikeの公式アプリを使えばリアルタイムで各ステーションの借り入れ状況と返却スペースの情報がわかります。すごい!


f:id:yoo_sfc:20190103164606j:plain

そしてサニーヒルズの最寄り駅であろう松山新店線の台北小巨蛋站(台北アリーナ駅)に設置されているYouBikeステーションに向かいます。
場所はこちらです。

駅に着くとYouBikeステーションがあり、端末(キオスクというらしいです)で操作します。
f:id:yoo_sfc:20190131231423j:plain
中央の画面をタッチして進めていきます。
台湾の携帯番号がある人は悠遊カードでも支払いができるとのことですが、私は今回、番号を持っていなかったため、端末に直接クレジットカード情報を入力してレンタル手続きをしました。

正直端末にクレジットカード情報を入力している間タッチ画面の文字が伏字になることなく、周りの人が見ようと思えば見れた状態ではなかったかと思います。
特に自分は入力することに集中していたため、周りを見る余裕がありませんでした。これは注意ですね!
途中で自転車を選んでその自転車のロックを外す作業があるので注意しましょう。
自転車のロックを外して端末の操作を終わらせたらレンタル完了です。早速乗ってみましょう!

2.台北アリーナ駅からサニーヒルズまで本気出せば10分で着く❗

当日は雨が降っていたので安全運転でしたが、晴れていればそんなにかからないでしょう。
道も平たんなのでサイクリングがてら自転車を走らせるのもいいですよね!
注意点は交通ルールを守りましょうね。特に車の通行方向が左右日本と逆です。

また、自転車はステーションに返却されれば自動的に精算される仕組みです。慣れればかなり簡単にレンタルできます。
自転車を借りることによってかなり行動範囲が広がるのでぜひ皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
f:id:yoo_sfc:20190203175245j:plain
そしてサニーヒルズで今回も試食をさせてもらい無事に四つほど購入することができました\(^o^)/
自転車にはワイヤー式のロックがついているのですが、使い慣れるまでコツがいります。
出発する前に練習をしたほうがいいと思いました。(写真撮り忘れ(><))

2.雙城街(そうじょうがい)夜市で腹ごしらえ

今回も1泊で台湾にきました。ホテルは中山区にあるホテルサンルート台北に宿泊しました。
このサンルート台北の近くには雙城街(そうじょうがい)夜市という夜市があり、カウントダウンまで時間があるのでここで腹ごしらえをしようと歩き回りました。
雙城街夜市はそんなに大きくはなく全体を見るのもそんなに時間はかかりません。
f:id:yoo_sfc:20190203203637j:plain

ここの屋台で牛肉麺を食べました。おいしかったです。
f:id:yoo_sfc:20190203204151j:plainf:id:yoo_sfc:20190203204516j:plain

ここの夜市はマッサージ屋さんも多く、ホテルにも近いのでぶらりとこれそうです。

3.満を持して台北101に向かう

おなか一杯になってそろそろカウントダウンの地、台北101に向かいます。時刻は9時くらいだったかと思います。
カウントダウンイベントについてはあまり詳しく調べていませんでしたが、便利で人気のある場所は9時くらいから人が集まり始めるという情報があったためです。
地下鉄の国父紀念館駅を目指します。途中までは普通でしたが国父紀念館駅についたとたん駅にはすごく人がいました。
駅のトイレも行列でしたので男女とも余裕をもってトイレはすましたほうがいいです。

さて、今回私が陣取ったのは国父紀念館の敷地内の道路でした。そして小雨が降っている最悪のコンディションの中、待ち始めます。


陣取った当初は空いていたものの時間が経つにつれ、人が増えてきました。
最終的にはグループやカップルに占領され始め 笑 隅に追いやられました。
小雨も降っていたのですが奇跡的に新年を迎える頃にはなんとか止んでいて、
傘をささずにすみました\(^o^)/ ではカウントダウン花火の写真をどうぞ。
f:id:yoo_sfc:20190209143407j:plainf:id:yoo_sfc:20190209143459j:plainf:id:yoo_sfc:20190209143548j:plain

うーん、スマホなので限界がありますねというか動画から切り出した画像なのでこんな感じです。
GIF動画にしてみました。
f:id:yoo_sfc:20190209145703g:plain
なんとなくこの感動が伝わりますか?
カウントダウンが始まったらいろんな国の言葉でカウントダウンが始まりインターナショナルな雰囲気を感じることができました。

ちなみにこの日は小雨状態のため

  • 台北101に霧掛かっていた。
  • 風がない状態で花火の煙がビル周辺に滞留していた。

などコンディションはよくありませんでした。しかしおかげで寒さは厳しくなく助かりました。
いろいろ調べたところ通常花火の煙が南西に流れるとのことで、ビルより南に陣取ることは注意したほうがよさそうです。
そこを踏まえ私は北西に陣取りました。

4.イベント後の帰路について

花火イベント自体は15分ほどで終わりました。さてここから問題です 笑
カウントダウンイベントなので当然午前零時を過ぎています。ただ人はわんさかいますので怖さというか治安の悪さはまったくありません。
どちらかというと交通機関への不安です。
最寄りの地下鉄駅である国父紀念館駅は入場制限が出ていたようで、入り口に人が並んでいました。
これからその列に並んでも時間がかかりそうなので思い切って少し離れた別の路線の駅に向かうことにしました。
その駅は昼間に利用した台北アリーナ駅です。実際私と同じ考えの人がたくさんいてすごい数の人がその駅方面に向かっていました。
女性でも危なくない雰囲気と人の数です。

たださすがに駅までは歩きます。15分くらいでしょうか。カウントダウン前からずっと立ちっぱなしだったので正直きつくて少しでも早く電車に乗りたい気分でした。
そしてやっと駅についてほどなくして電車が来て乗ります。本数が少ないのかこの時間でもかなりぎゅうぎゅうでした。
やっとホテルについたころにはへとへとでした 笑

5.台北101カウントダウン花火イベントまとめ

  1. それなりにいい場所を確保したい場合は夜9時ぐらいには現地についたほうがいい。人はまだ少ないが、そこからいい場所を探せる。
  2. しかし人が増えるにつれて押し合いへし合いが出てくるため希望の場所から移動せざるを得ない場合もあることも覚悟すべし。
  3. トイレは事前に済ませるべし。同行者がいる場合は場所の確保はできるが、人が増えてきた場合トイレから戻ってきて場所がなくなる可能性もある(くらい混む場合がある)。
  4. 雨と寒さ対策は万全に。
  5. イベント後の移動は一斉になるため同行者がいる場合ははぐれないように注意すべし。
  6. 最寄駅から帰る場合はかなり待つことも覚悟すべし。
  7. 離れた駅から乗る場合はかなり歩くことになるが、気分的には楽。
  8. 人が多いので治安面は問題ないができるだけ他の人と同じ行動することが望ましい。(一人にならない)
  9. 花火はすごい!ビルの壁面から花火ぶっ放すとか日本では無理だろ!


こんな感じで台北101のカウントダウンに行ってきました。
実は海外で新年を迎えるのは今回が初めてでした。
すごくエキサイティングな経験を2018年の最後と2019年の最初にしました。
興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!


にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村



マイレージランキング

一人旅ランキング